こんにちは!
岐阜県高山市を拠点に、岐阜市をはじめとする県内全域、東海・北陸地方で内装工事を手掛けております、株式会社ONE・RISEです。
平成23年創業のまだまだ若い会社ではございますが、内装仕上げ工事のプロ集団として、軽天工事やボード貼り工事など、さまざまな建物を対象に施工を承っております。
今回は間仕切り壁や室内窓を設置するメリットや注意点をご紹介。
オフィスや店舗の内装リフォームをお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。

間仕切り壁のメリット


間仕切り壁で仕切ることで、用途によって使用できる空間の種類が増えます。
また、キッチンとホールや給湯スペースとデスクの間に間仕切り壁を設置すれば、見せたくない部分を隠すことも可能です。
壁のカラーにこだわって室内のアクセントにしたり、壁面でディスプレイを楽しんだりと、遊び心のある空間の使い方ができるのも魅力。
大きな壁を設置すると圧迫感が気になるかもしれませんが、空間に扉を付けないセミオープン仕様や低めの壁にして上部に抜けを作ることで、開放感を損なうことなく間仕切り壁を楽しめますよ。

室内窓のメリット

室内窓には、外用の窓とは違う魅力がたくさんあります。
壁に室内窓を設置することで、直接日光が届かない空間にも自然光を取り入れることが可能です。
また、視界がクリアになるため開放感のある空間になります。
室内窓はデザインにおける自由度が高いので、ステンドグラスやデザイン性の高い窓枠を使用することができ、よりおしゃれな空間になるのも魅力です。
開閉ができる窓を設置すれば、空気の通り道を確保できるため、換気がしやすくなります。

間仕切り壁・室内窓の設置時の注意点

間仕切り壁は室内での存在感が大きく、設置方法によっては圧迫感や閉塞感を覚えてしまう可能性もあります。
一度設置すると動かすことはできないので、室内をどう使用するかビジョンをはっきりさせてから取り入れることが大切です。
一方、室内窓は面積が広すぎると建物の耐震性に関わってきます。
壁も建物を支える大切な役割を担っているので、設置の際は耐震性に問題ないか担当者としっかり相談するのがおすすめです。

内装の事なら株式会社ONE・RISEにおまかせ!


間仕切り壁と室内窓はどちらも設置後に動かすことはできないので、設置目的を考え、室内をどのように使用するのか、先を十分見通してから取り入れることが大切です。
「イメージしにくい」「プロの意見が聞きたい」という方は、店舗や商業施設など、規模の大小や用途を問わず内装工事のご依頼を承ってきた弊社へお問い合わせください。
ご依頼に際しまして不明な点がございましたら、何でもご質問ください。
誠実に対応させていただきます!

【求人】新規現場スタッフ募集中

弊社では現在、内装工事に携わってくださる新規現場スタッフを募集中です。
経験の有無は一切問いません。
経験者には給与面で優遇いたしますが、未経験者からのご応募も大歓迎です。
仕事も十分にあり、社員同士の仲が良い働きやすい会社ですよ。
皆様からのご応募をお待ちしております。

それでは最後までご覧いただき、ありがとうございました。


株式会社ONE・RISE
〒506-0802 岐阜県高山市松之木町2500-1
TEL/FAX:0577-32-3634